引っ越し 費用 見積もり

引っ越し費用の見積もりを安くする簡単な方法を実践

引っ越し 費用 概算

引越し 費用 平均

引っ越し 費用 おおよそ

引っ越し 費用 相場

 

引っ越し費用を抑えたい。

 

新居の契約費、新しいカーテン、照明器具、家財などの購入費などもかかります。
だから引っ越し業者は安い方がうれしい。

 

どこの引っ越し業者が安いかは見積もりを取ってみないとわかりません。
さらにいくつかの業者からの見積もりを取って比較しないとどこが安いかわかりません。

 

何度も業者に見積もりを依頼するのは面倒ですね。

 

でも大丈夫です。
今は、一括見積もりが出来る時代です。

 

引っ越し 費用 概算

 

 

あなたの引っ越し条件を入力して返事を待つだけで見積もりも比較も出来てしまうのです。

 

引っ越し費用の概算を検索しても、引っ越しの条件は人それぞれなので参考になりません。

 

でも、一括見積もりをすればあなた自身の引っ越し費用の概算が簡単にわかります。
ただ、良い引っ越し業者はどんどん埋まりますので、引っ越し先の住所が決まったら早めに見積もりを依頼しておきましょう。

 

引っ越しの多い3月や土日祝日、週末、大安日などは特に混雑します。
早めに行動して良い引っ越し業者を見つけてくださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し

安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

 

引越しの見積もりで、引越し料金を下げる方法

比較して料金を安くする

引越しにはお金がかかります。
安ければ良い!とは言いませんが、やっぱり安い方が嬉しいですね。
でもどのくらいかかるのかは、引越し業者に見積もりを取るまでわかりませんからドキドキします。
自分が思っていた料金よりはるかに高かったらどうしよう?
そんな心配もあるので見積もりを取るのは億劫ですが、引越し日が決まっているなら早めに見積もりを取ることをおすすめします。

 

引越し業者も、どの日に予約が多いかなんてハッキリはわかりません。
最初の方に予約した人には割引ができますが、後の方に予約した人には割引が難しくなる可能性があります。
同じ日に何件も引越しが重なってしまったら、スタッフは残業になりますし場合によっては人数を増やさねばなりません。
ですから引越し日が決まったら速やかに見積もりを取ることにより、引越し料金が安くなる可能性があります。
さらにもっと安くしたいのであれば、1社だけでなく何社かから見積もりを取りましょう。

 

見積もりが1社だけですと、その料金が安いのか高いのか判断できません。
それに「A社の方が安い」と言えば、他の引越し業者には断りやすいですし、場合によっては「A社さんより安くします!」という業者も現れます。
引越し料金を下げるには他社との競争が有効です。

 

何社にも電話して見積もりを取るのは面倒。
そんな方は「引越し業者一括見積もりサイト」が便利です。